審美や健康増進の目的でインプラント治療をする際医療事故のリスク軽減も1つの仕事

インプラント治療の流れと起こり得るリスクとは?

歯医者への定期的な通院を行う

歯を失わないように日頃から対策をすれば、インプラント治療を受けることがないうえ医療事故も起こりません。

虫歯は1本の歯がやられた状態ですが、歯周病になれば歯槽骨という抜けた歯を支えていた箇所にもダメージが加わります。その分、複数の歯が破壊されて広い範囲に影響を及ぼしてしまいます。インプラント治療をしても、周辺の歯肉の抵抗力が落ちた状態になれば、丈夫な歯を維持するのが難しくなるでしょう。

予め歯医者に通院を行い定期健診や歯石除去をしてもらうだけでも、虫歯や歯周病が起こりにくくなります。その分歯や歯茎が健康な状態を維持できるため、インプラント治療をする必要がありません。事故のリスクが出ないうえ治療費も抑えられるため、健康面や費用面でメリットが多いことが伺えます。

口腔ケアを欠かさない

歯周病や虫歯にならなければ、インプラント治療を受ける必要がありません。歯医者への定期的な通院は欠かせませんが、日頃の口腔ケアをすることでも更に高い効果を発揮します。

毎食後に歯磨きをするだけでなく、可能であれば夜間のジェルを塗る作業をするのが理想的です。しかし、歯ブラシが充分に当たっていないと磨き残しが出てしまい、虫歯や歯周病を進行させる原因となりかねません。1本1本丁寧にブラッシングをするのが大切ですが、歯茎に炎症がある状態なら毛先を45度当てて磨きましょう。力を加えすぎると歯茎に傷をつけてしまうので、小刻みに動かすように磨くだけで良いです。

しかし、歯科医や衛生士による予防歯科でブラッシング指導を受けるのも欠かせません。また、歯間ブラシの使い方も教えてもらえます。自分なりに磨けているつもりでも意外と出来ていない所があるので、予防歯科を受けるのがおススメです。


このPostをシェアする